結婚までの過程での相手を選ぶ基準

結婚は人生の重要な転換点であり、その後の人生を大きく左右する決断を迫られます。
最近は結婚をしない人も増えているというニュースもありますが、人間をはじめとして生き物すべては繁殖や生存のために協力する相手として異性を必死で探します。
それが自然な姿です。
本来は夫婦になる相手を探して一緒になります。
動物の本能としては自分の子孫を繁殖させるという目的があります。
人間の場合は、それをさらに高度にできる能力があるので、夫婦で協力することによって、ひとりで生きていく時よりも、様々な面で幸せになれる可能性が生まれます。
もちろん反対に不幸になるという場合もありますが、その選択も本人次第です。
人間の場合には求める質も高くなるので、色々な面を考えて相手を選ぶ必要があります。
結婚はふたりで将来の実りを得るために種を蒔くような象徴的な意味があります。
その種の種類はそれぞれの夫婦によって違ってきます。
千差万別ですので、実りがどうなるかをよく理解して始める必要があります。